Kominka Stay
★★ Kominka Stay Consept Alex Kerr(アレックス・カー)

メッセージ
〜日本の未来はきっとこのような場所から生まれる〜

b_b03_photo04

Alex Kerr(アレックス・カー)

おぢか観光まちづくり大使

小値賀に残る古民家を再生、活用する新しいもてなしの形をプロデュース。
東洋文化研究者

米国メリーランド州生まれ。1964年初来日。少年期に体験した日本の美しさと失われゆく現状を国内外に訴え、次代へ残すべ く、文化芸術活動の推進、講演、執筆活動など幅広く行い、日本各地に残る美しい風景と文化を守り伝える事業を推進。2008年「YOKOSO! JAPAN大使」(観光庁)。
著書:「美しき日本の残像」朝日文庫、「犬と鬼」講談社

どことなく「神秘的」。島に訪れたらすぐに好きになりました。新しい旅を創り出すには、ありのままの風景とやる気のある地元の人々が不可欠です。小値賀にはその両方があります。

2007年、小値賀町のみなさんと手を携え、今まで誰も試みていない新しい旅のスタイルに取り組み、島の活性化を図りたいという冒険的な企画に踏み出しました。

それは、古い民家に現代的な工夫を加えて改装し、昔の暮らしを尊敬しながら、今の視点で世界の人を魅了できる、美しく快適な姿を取り戻すことから始まりました。専門家に加え、地元の大工、左官職人など、すばらしい技術を持った多くの人が協力しあって進みました。

おもてなしに関しても、今までの観光地のスタイルとは異なる、新しい形のステイ、新しい形のおもてなしを考えました。

そうして生まれた小値賀の「新しい旅」。とてもうれしく思っています。

フランスのプロヴァンスやイタリアのトスカーナ、これら何気ない田舎の美しさに惹かれ、世界の人々が訪れています。

小値賀には、そういった場所に負けない、心温まる「なんでもない魅力」があります。田舎の家、田園、港の舟場、ちょっとした納屋、会話が聞こえてくる路地。そういうところを歩くだけでほっとします。日常を離れ、じっくり小値賀へ遊びに来てください。

アレックス・カー

小値賀町の古民家事業について

ICHIG04
古民家ステイは、かつて島の歴史とともに歩み、時代の流れとともに空き家となった古民家をそれぞれの家主さんが「小値賀の未来のために」と小値賀町に寄付された建物です。小値賀町は、貴重な文化遺産である古民家を保全し人々の行き交う活きた建物として未来に守り伝える為、古民家事業に取り組んでいます。

おかえりなさい。島の我が家へ。
そんな気持ちでお迎えします。

osouji02
古民家事業で生まれ変わった8棟の古民家(古民家ステイ・古民家レストラン藤松・ゲストハウス小白山)は、島の観光ワンストップ窓口「おぢかアイランドツーリズム」が委託管理者としてお預かりし運営しています。スタッフは勿論、お掃除や庭の手入れ、クリーニング、メンテナンス等、出来ることはすべて、島のみんなで行っています。
fune-01
本当の我が家のようにリラックスしていただけますよう。そしてこの島に暮らす私たちが心から素晴らしい、と感じるこの小値賀の魅力にふれて、楽しんでいただけますようと願っています。未来に渡って島の暮らしと文化を受け継いでいくための私たちの大切な宝物である小値賀の「古民家」で、どうぞよい旅をお過ごし下さい。