sub_nozaki
ご来島の前に
ご来島をお考えの方へ【重要】

野崎島は、ほぼ無人の島です。
安全で快適な島旅をお過ごしいただくため、以下の点をご確認ください。

1

野崎島へのアクセスには限りがあります

野崎島への基本的なアクセスは 九州本土(佐世保港・博多港など)または五島列島(福江島・中通り島など)ー小値賀島ー野崎島です。小値賀島~野崎島 1日2便
(町営船 はまゆう)

小値賀ー野崎島のアクセスは町営船「はまゆう」が一日往復2便のみとなります。
ただし、町営船「はまゆう」は基本的に第1・3日曜日は全便運休です。ただし、時期により変動します。 町営船はまゆう(役場HP)

※チャーター(瀬渡し)船は事前予約が必要です。(小値賀ー野崎港間 片道15,500円~)

【 野崎行き町営船「はまゆう」乗り場案内 】
hamayu_map

  • 船の時刻表(はまゆう) 小値賀-野崎島

    • 船名小値賀野崎小値賀
      はまゆう7:25発8:00着
      8:05発
      8:25着
      はまゆう14:30発15:05着
      15:10発
      15:30着
      【料金】片道 大人 500円 小人(小学生以下)250円

2

手つかずの自然が残る島、しっかりとした装備をご準備ください。

image_outfit01
野崎島は手つかずの自然が残る、ほぼ無人状態の島です。野生動物や虫、落石などの危険が伴う箇所もあります。 自然のなかに入る心得として、しっかりとした装備のご準備をお願いいたします。

3

渡航前には必ずご連絡をお願いします。

野崎島へ渡航される際は、安全管理上、事前に、おぢかアイランドツーリズムまでご連絡くださいますよう、お願いいたします。天候の影響を受けて、小値賀ー野崎間の町営船「はまゆう」はダイヤが乱れる場合がございます。(朝の船が出ても、午後の便が出ないと、ほぼ無人状態の島にとりのこされる、ということにもなりかねません)

事前に渡航のご連絡をいただいたお客様には、数日前に渡航困難の可能性がある場合には、その旨ご連絡させていただくなど、できるかぎり、スムーズな島旅のお手伝いをさせていただいております。野崎島への渡航の際には必ず事前にご連絡をお願い致します。

※日帰り・宿泊ともに7日前までにご予約ください。

4

野崎島は徒歩での移動です。

野崎島島内はすべて徒歩移動です。自転車含め、乗り物はご利用いただけません。大きなお荷物は、施設用軽トラックにて運搬いたします。

5

野崎島にお店はありません。

野崎島は簡易宿泊施設の管理者以外住民のいない、ほぼ無人の島です。食事処やスーパーなどのお店はございません。食事は自炊となりますので、食材をお持ち込みください。(自然学塾村にはキッチンとひととおりの備品が揃っております。)

6

旧野首教会について

旧野首教会の内部見学は9時~14時となります。町営船はまゆう運休日は施錠されており、教会内部は見学できません。

7

安全管理について

・港周辺の廃屋は倒壊の危険性があります。中には絶対に入らないでください。
・携帯電話は電波が非常に不安定です。(docomo・auはごく一部で使用可/ソフトバンクは全面不可)
・王位石や舟森など山道は迷いやすく危険です。ガイド付きの体験をお申し込みください。
・野生動物や虫、落石など危険が伴う個所もあります。各自で十分にお気をつけ下さい。
・イノシシに会った場合は絶対におどかさず、前を向いたまま後ずさりしてください。
・野崎島自然学塾村ご宿泊者は、夜間イノシシとの遭遇等の危険があるため、敷地外への外出は禁止されております。

8

ゴミについて

生ゴミ以外は小値賀本島へお持ち帰りください。ゴミの分別、減量化にご協力お願い致します。

9

禁止事項について

野崎島は、島全体が西海国立公園に指定されています。ご協力をお願い致します。・野生鹿の生息地です。追いかけたり、エサを与える事は禁止されております。
・動植物の持ち込み、および採取や持ち出し、海産物の採取は禁止されております。
・花火・無許可の焚き火は禁止されております。
・持ち込みテントの設営は禁止されております。

10

唯一の休憩・宿泊場所「自然学塾村」をご利用ください。

自然学塾村は、野崎島で唯一の休憩・宿泊が出来る施設です。トイレ・シャワー・自炊出来るキッチン等が揃っています。野崎島へご来島の際には、自然学塾村をご利用ください。また、野崎島は島全体が国立公園です。野外キャンプ(夏期)は、自然学塾村内のテントにてお願いしています。

ご予約・お問い合わせはこちらからお願いします。

RELATED POST