about_us
us_soshiki
組織概要

おぢかアイランドツーリズムは、観光を通して島の課題を解決するソーシャルエンタープライズです。
自然体験事業、古民家事業運営、島内観光窓口、島の観光ワンストップ窓口など
多岐にわたる事業を行っています。

【協会設立経緯】
3つの団体が統合し、法人化する

1、小値賀町観光協会
以前に商工会で活動していた観光協会を本格的に平成8年4月に立ち上げた。
職員2名を雇用。旧ターミナルに事務所を設置。
観光窓口、観光情報の発信、観光客の受入、物産販売などを主な業務にしていた。
会員数80名。事業費規模2千2百万。

2、ながさき・島の自然学校
平成11年に自治省の補助金を受け、熊本のIOE野外教育研究所の指導のもと、行政、民間グループによる活動を始める。
平成13年から専門のプロデューサーを雇用し、本格的に活動を始める。
主な事業は、夏の子ども王国(13泊14日の長期キャンプ)事業費規模2千5百万

3、おぢかアイランドツーリズム推進協議会
平成17年にGTS,21世紀まちづくりの補助金を受け、民泊に関する事業を立上、7軒からの民泊事業を始める。

【沿革】

平成18年度平成19年2月 NPOとして、認可
平成19年度4月 「NPO法人おぢかアイランドツーリズム協会」として活動を始める。


主な事業
▼
子どもキャンプ宝島、島らいふ、民泊、PTP事業・アメリカの高校生約180名(PTPアメリカ高校生平和大使アンケートで世界一)その他教育団体自然体験事業
野崎島自然学塾村指定者管理委託事業・特産品物産販売など
平成20年度
平成21年度農山漁村子どもプロジェクト事業(先導的地域指定)5校を受入。

野崎島自然学塾村指定者管理委託事業
物産販売
修学旅行4校受入(京都、大阪、静岡、神奈川)

古民家調査事業
県民表彰
県民ボランティア賞
平成22年度1月 おぢかアイランドツーリズムグループ (株)小値賀観光まちづくり公社 分立

9月 アレックス・カー氏プロデュースの元、宿泊施設「古民家ステイ」4軒(親家・鮑集・日月庵・先小路)、「古民家レストラン藤松」の再生古民家施設がオープン
平成23年度9月 古民家ゲストハウス「小白山」オープン

1月 毎日新聞社 第9回グリーンツーリズム大賞 大賞(農水省&国交省関連)
平成24年度6月 古民家ステイ「一期庵」「一会庵」オープン
11月 「豊かなむらづくり全国表彰事業」(農林水産省主催)九州ブロック農林水産大臣賞
平成28年度3月 株式会社小値賀観光まちづくり公社解散
4月 NPO法人おぢかアイランドツーリズム協会に組織と事業を一本化

特定非営利活動法人おぢかアイランドツーリズム協会
代表理事長 前田敏幸
法人取得年月日2007年2月16日
住所〒857-4701 長崎県北松浦郡小値賀町笛吹郷2791-13
phone0959-56-2646
fax0959-56-3530
e-mailmail

主な受賞歴
・「豊かなむらづくり全国表彰事業」九州ブロック 農林水産大臣賞
・第7回オーライ!ニッポン大賞 グランプリ 内閣総理大臣賞
・第4回JTB交流文化賞 最優秀賞
・毎日新聞グリーンツーリズム大賞  最優秀賞
・PTP(ピープルトゥピープル) アメリカ国際親善大使アンケート 2年連続世界一